船舶免許は小型船舶の操縦ができる魅力的な免許で、数日程度の講習を受けることで免許が交付される、割りと取得の難易度が低い免許です。1級船舶免許は海洋のどこまでも船舶の操船が行なえますから、単なるマリンレジャー好きも大幅に行動範囲が広がること間違いなしです。ただ注意が必要なのは、1級や2級の免許を取得しても、水上オートバイの操縦はできないということです。水上オートバイの操縦には特殊小型船舶免許が必要なので、勘違いしないように気をつける必要があります。

1級と2級は上下の関係に位置づけられますが、水上オートバイは別扱いですから、ボートにも水上オートバイにも乗りたいなら両方の資格取得が不可欠です。船舶免許は高校生になれば受講できて免許が取得できますが、等級によって年齢に違いがあります。2級と特殊は満16歳からで、教習は満15歳9ヵ月から受けられますが、免許発行は16歳になるまで待つことが求められます。1級は満17歳9ヵ月から教習が受けられるものの、免許の発行は18歳になってからとなります。

船舶免許は合格率が非常に高いので、全ての学科講習を受ければほぼ確実に合格できますが、欠席すると一気に合格が遠のくので注意です。学科をクリアしても実技がありますから、学科講習でしっかりと知識を頭に入れて、実技もそつなくこなすことが重要です。身体検査に引っ掛かるようなことがない限りは、集中して話を聞けば合格できないことはまずないですし、自信を持って修了試験に臨めるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です