釣りが好き、マリンスポーツが得意という方におすすめしたい資格が「船舶免許」です。「船舶免許」を取得することで、自分で船を操縦することが可能となります。そして行動範囲が大きく広がる点が最大のメリットと言えるでしょう。一般的には「船舶免許」と呼ばれていますが、正式名称は「小型船舶操縦士」となっており1級と2級があるものです。

1級の免許であれば、船を操縦出来る範囲は無制限となります。ならば1級を、と考える方もいますが一般的には2級からの取得がおすすめです。「船舶免許」取得のためには、基本的な海でのマナーや交通ルール、操縦方法やエンジンの取り扱い方法など複数のことを学習しなければなりません。基本的な内容である2級をおすすめする理由は、ここにあります。

「船舶免許」取得のためのスクールやボート教室は、全国に展開しているものです。中には最短で4日間などの集中プログラムを組んでいるスクールもあります。2級の取得に必要な学科講習の時間は12時間です。さらにこれに、実技教習の4時間がプラスされます。

実技では発航前点検の方法やエンジンの始動と停止、ロープワークやトラブルシューティング、ハンドコンパスによる方位測定まで学習することが可能です。これだけでも、海の知識が身につきます。実技では発進や増速、停船といった基礎的な船の動かし方を体験することが出来るので、学習でありながらも楽しめるでしょう。船の操縦免許は、趣味の幅をより広げ豊かにしてくれます。

船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です