フィッシングやクルージング、レジャーやスポーツと海は泳ぐだけでなくさまざまな楽しみ方があります。マリンライフをより充実させるためにおすすめなのが、小型船舶の免許です。そんな小型船舶の免許にはいくつか種類があります。1級小型船舶免許は航行区域が制限されていない免許で、日本だけでなく海外の海でも自由に楽しむことができます。

取得は17歳9ヶ月以上となっており、総トン数20トン未満で24m未満の大きさの船舶の操縦が可能です。また、エンジントラブルに対応するために100海里以上を航行する場合は、一定の資格を持つ機関士を乗船させる必要があるので注意が必要です。2級小型船舶免許は、海の普通免許と呼ばれているほどポピュラーな免許で、あらゆるシーンで活躍する免許となっています。航行区域は海外から5海里以内となっていますが、取得することで充分にマリンライフを楽しむことができるでしょう。

取得可能年齢は15歳9ヶ月以上になっており、操縦できる船舶の大きさは1級と同じ大きさとなっています。特殊小型船舶免許は、水上バイクやジェットスキー専用の免許となっており、取得することでスピード感ある操行を楽しむことができます。取得可能な年齢は2級船舶と同じく15歳9ヶ月以上となっており、航行区域は湖川岸または海岸から2海里以内となっています。小型船舶免許の取得は、国で指定された機関に通うことで自動車免許のように国家試験を免除できることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です