海でのレジャーやスポーツを思いっきり楽しみたいという方におすすめなのが小型船舶です。小型船舶には種類があり、免許の種類によって運転できる範囲や船舶の種類に違いがあります。自由に制限なく海を操縦したいという方におすすめなのが1級小型船舶免許です。航行区域の制限がなく外洋の操縦も可能となっています。

しかし一部条件が設けられておりあり、海岸から100海里以上を操行する場合は、エンジントラブルに備えて一定の資格を持った機関士が同乗することが必要となっています。取得可能な年齢は17歳9ヶ月以上となっており、操縦できる船舶の大きさは、総トン数20トン未満で24m未満の大きさの船舶です。2級小型船舶免許は海の普通免許と呼ばれているほど最もポピュラーな免許です。取得条件は年齢15歳9ヶ月以上となっており、操縦できる船舶1級小型船サイズは舶と同様の大きさです。

特殊小型船舶免許は、ジェットスキーや水上バイク専用の免許となっています。航行区域は湖川岸、海岸から2海里以内となっており、2級小型船舶と同じ年齢から取得可能となっています。小型船舶の免許取得の年齢以外の条件として、視力が裸眼や他眼で0.5以上あることや夜でも色の識別が可能であること、聴力が5m距離で会話弁明が可能なことなどがあげられます。聴力は補聴器を付けていても問題ありません。

健康状態は操縦に支障がなければ問題ありませんが、心配な方は一度相談してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です