ジェットスキーに乗ってみたいと思っている方は、後ろに乗せてもらうだけであれば沖縄や海のレジャーの所に行けば実現出来ます。知り合いでジェットスキー免許を持っている人がいても乗せてもらえるでしょう。しかし操縦したいという事になればジェットスキー免許が必要で、この免許は国家試験を受けなければなりませんしその前に実技と学科の勉強が必要です。基本的にはジェットスキー免許は2日間で取得するコースが多いです。

1日目にマリンルールや海のマナーなどの学科を行い、そのあとに実技講習を受けます。ここでは実際に試験で使用する水上スキーと同じ大きなの物を使うところが理想です。2日目には学科と実技試験、そして身体検査を行います。視力検査などですし、学科の試験に関してはマーク式ですのでそこまで難しくはありません。

合格率も比較的高い試験だと言えます。そこで合格判定が出れば、手続きを済ませてジェットスキー免許がとれます。メンテナンスもそうですし、水上スキーは維持費もかかり本体価格も高いです。比較的高貴な趣味にはなりますが、レンタルという方法をとることも出来ます。

レンタルであれば気軽に利用出来ますし、何でも借りられる時代ですし気軽にかりて乗ってみると良いでしょう。色々な免許がありますが、ジェットスキー免許は結構簡単に取れる免許の一つでもありますし、持っていると意外と使うことが出来ますので人生を楽しみたい方にお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です